2007年11月11日 (日)

ポーランド戦

バレーボール、今夜は因縁のポーランド戦。

昨年の大会でも、フルセットの大接戦でした。

そして、やはり試合はフルセットに。

ドキドキ・ハラハラしながら見ていました。

日本はよく拾い、足も動いています。

小さな守護神、リベロの佐野選手が大活躍。

体をはって、チームを支えます。

見ていて、胸が熱くなるようなゲーム。

結果、3:2で日本が勝利。

この一勝は、すごく価値のある一勝です。

チームがひとつにまとまり、接戦をものにしたことで、勢いがついたことでしょう。

これからも、強豪が待ち受けていますが、折れない心、諦めない心でがんばってほしいものです。

ガンバレ ニッポン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

バレーボール・イタリア戦

今夜の相手はデータバレーのイタリアです。

1セット目はあっさり落してしまいました。

2セット目は追いついて、リードする場面もあり、大興奮でしたが、やはり結果は・・・・。

3対0のストレート負けでした。アボーン(´・ェ・`)

ただ、日本が弱いというより、イタリアが強すぎという気がします。

何をやっても上手い。(  -∀-)

レシーブもよく上がるし、細かい連携も丁寧。

大技・小技を織り込みながらのアタックは見事。

もう、芸術品ですね。(゚Д゚ )ウマー

美しさすら感じました。脱帽です。

そんな中、日本の選手はよく頑張ったと思います。

結果だけみると、大敗のように見えますが、実力はそれほど開いてないと感じました。

最後まであきらめず、応援しましょう。

ガンバレ、ニッポン。(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

ワールドカップバレー

本日はタイ戦。

結果は3対0のストレート勝ち。

この前の敗戦から立ち直っているようでしたね。

動きも良かったし、安心して見ていられました。

いま一つ調子が上がらなかった、高橋みゆき選手も、復調の兆しを見せ、アッタック決定率も上昇中。

やはり、チームの要が点とってくれると、ムードも上がります。

しかし、油断は禁物、明日は強敵「イタリア」との一戦。

徹底したデータバレーで日本を叩きにくること間違いなし。

ガンバレ、ニッポン!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

ワールドカップバレー

北京への切符をかけて、バレーボールの熱い戦いが繰り広げられています。

ワールドカップバレー。(  ゚∀゚)

上位3チームに北京行きのキップが渡されるという、過酷な試練です。(  -Д-)

でも、これに勝ち抜けないようでは、オリンピックへ出場できたとしても、メダル獲得は夢のまた夢。

初戦、第2回戦と、苦しみながらも勝利した日本。ワーイε=ヾ(*・∀・)/

しかしながら、硬さが見られ、本来のつなぐバレーが発揮できていません。

何よりもサーブレシーブ返球率が悪い。(  ー_ー)

その不安が、早くも的中しました。

昨夜のセルビア戦です。

相手には、サーブで崩され、面白いようにアタックを決められ、日本の攻撃はことごとくシャットアウト。

為す術もないまま、第2セットを失いました。Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

それでも、光明が射したのは、弟3セット。

持ち前のレシーブ力と機動力が機能し始め、やっと日本のバレーらしくなってきました。

そして、迎えた第4セット、このセットを獲れば、タイにもちこむことが出来ます。

日本が上位に残るためには、どうしても勝っておきたい試合です。

途中までは、日本がリードし、いけるか!!!(^▽^)

と、思ったのですが、あっさり追いつかれ、敗戦。

ショボーン━━(´・ω・`)━━

何とも悔しい試合となりました。

この試合、少しだけでしたが、メグ・カナが揃ってコートに立つという場面もあり、会場は大歓声。興奮の坩堝と化しました。

でも、勝利できなければ意味がありません。

次の試合に向けて、英気を養ってほしいものです。

ガンバレ!!! ニッホン。く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

世界柔道有終の美

最終日注目は、やはりヤワラちゃんこと谷選。( ノ゚Д゚)ヨッ!

出産・育児をこなすため、柔道からはなれ、3年間のブランクがありました。

この世界柔道への選抜についても物議をかもし、バッシングも受けたヤワラちゃん。選考に関しては賛否両論、様々な意見があろうかと思います。それでも、日本女子柔道界を支えてきたのは、まぎれもないヤワラちゃんではないでしょうか。(゜-゜*)(。。*)ウンウン

色んな周囲の声や、妻・母・柔道選手・と多忙な日々に追われ、大変な大会だったと想像しますが、谷選手はやっぱり世界最強でした。d(*⌒▽⌒*)b

有言実行、「ママでも金」です。o(>▽<)o

決勝戦までの戦いは、決して楽な道のりではありませんでしたが、経験と精神力の強さで、一戦一戦勝ち上がってきたところは、さすがです。

全盛期のような、一本勝ちはできませんでしたが、勝利は勝利。誰にも文句は言えません。

インタビューでのがすべてを物語っていましたね。。゚(゚´Д`゚)゚。

おめでとうございます。そして感動をありがとう。

日本選手は有終の美を飾り、男子棟田選手(無差別級)も、日本男子の威信をかけて、見事金メダル獲得です。o(≧◇≦*)o

他の選手が次々と敗退していく中、期待を一身に受けた棟田選手の重圧は、計り知れないものがあったでしょう。

しかし、それを力に変え、戦いきった棟田選手は素晴らしかったです。

そして、78kg超級では金を逃し、涙をのんだ塚田選手

悔しい思いを、この無差別ではらしてくれました。

豪快な柔道で、金メダル。d(>_< )Good!!

本当に良かったですね。

メダルをとれた選手も、そうでなかった選手も、お疲れ様でした。

束の間の休息で体をゆっくり休めて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔道男子初のメダル獲得

世界柔道大会は3日目が終了。

男子秋本選手(66kg)第一回戦・二回戦とも順調に勝利。出だしは好調。

続く三回戦、途中まで優勢に試合運びをするも、最後に有効をとられ敗退。( ̄- ̄=)あぁ…

いよいよ男子はダメかなぁ、と思っていたところ、金丸選手(73kg)がついにやってくれました。

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

一回戦・二回戦ともに苦労しつつも勝利。準決勝では、韓国の選手に一本負け喫してしまいます。でも、敗者復活戦で気持ちを立て直し、技ありで勝利。

今大会男子初となる、銅メダル獲得です。

わあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ

おめでとうございます。

パチパチ・・・。(o^0^)o

ここまでの柔道生活、苦難の連続だった金丸選手

喜びをかみしめているような表情が印象的でした。

女子は西田選手(52kg)・佐藤選手(57kg)ともに、世界柔道初出場。初々しさが目立ちます。ふたりとも、溌剌とした試合ぶりが、好印象でした。

結果は、西田選手は一回戦勝利。二回戦は敗退してしまいますが、敗者復活戦では、見事に一本を決め、堂々の銅メダル獲得。(o^▽^)o

佐藤選手も、一回戦を難なく勝ち上がり、二回戦へ。その後も順調に勝ち上がり、準決勝進出。準決勝では、大会チャンピオンである、朝鮮の選手と対戦。積極的な試合運びで、出だしは好調でしたが、チャンピオンに一歩及ばず、敗退。三位決定戦では、合わせ技一本で勝利。銅メダル獲得です。v(≧∇≦)v

女子は、初出場組のがんばりが、目をひきました。

日本柔道では「金メダルをとって当たり前」のような風潮がありますが、最近では外国勢も力をつけてきてます。世界はそんなに甘くない、ということではないでしょうか。

スポーツは結果も大事ですが、そこまでに至るプロセスやがんばる姿が、私たちを感動させてくれると思うのですが。

大会は最終戦に突入。いよいよ、ヤワラちゃん出陣です。

リアルタイムでは終了してますが、これまたテレビ放映をご覧になる方のために、結果は内緒にしておきますね。(* ^ー゚)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

世界柔道2日目

初日は悔しい出だしとなった日本勢。ウー c(`Д´c)

2日目の結果は?

まずは男子から。

塘内選手(81kg)は一回戦を延長戦の末、一本勝ちで勝利。O(≧∇≦)O

これはいけるかな?、と期待するも二回戦はアゼルバイジャンの選手に有効負け。(  TДT)

男子はここまで、未だメダル獲得なし。

これは前回チャンピオンの泉選手(90kg)に託すしかない、と祈るような気持ちで観戦。

一回戦、イランの選手に苦戦しつつも何とか勝利。(´、丶) ホゥ

しかしながら、二回戦ではロシアの選手に技をかけたところを返され敗戦

結局日本男子は、いいところなしで、二日目も終了してしまいました。

ショボーン━━(´・ω・`)━━

続いて女子

岡選手(70kg)は世界柔道初出場。

緊張からか動きが硬く、アメリカ選手に有効・技ありをとられ、敗戦。( T∀T)

アテネオリンピックチャンピオンの谷本選手(63kg)が登場。

一回戦はベネズエラの選手に堂々一本勝ち

続く二回戦のトルコ選手にも強さを見せつけ勝利。準決勝進出を決めました。(o^~^o)

準決勝ではキューバの選手と対戦。一進一退の攻防戦の末、敗戦

それでも気持ちを切らすことなく集中し、三位決定戦では目にも鮮やかな一本で勝利。

堂々メダル獲得です。ササッ((((〃⌒ー⌒)/♪

女子は金こそ獲得できていないものの、本当に健闘してます。

三日目の結果はすでに出ているようですが、テレビ放映があるため、掲載はまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

世界柔道

世界バレーが終了したと思ったら、今度は世界柔道選手権が行われています。

スポーツが目白押しで、テレビから離れられません。

柔道はそれほど詳しくなく、あまり観戦もしないのですが、やはり谷選手の復帰が気になります。

田村で金・谷で金・そしてママでも金を目指しているヤワラちゃん。

その精神力には頭が下がります。(o ̄∇ ̄o)

男子では井上選手鈴木選手が注目でしょうか?

初日は100㌔超級井上選手・100キロ級鈴木選手・女子78キロ超級塚田選手・78キロ級中沢選手の出番です。

初日というのは緊張するもの。

プレッシャーに負けずがんばってほしいと願いつつ、テレビ観戦。

初戦は4選手とも無難に勝ち上がりました。v(≧∇≦)v

しかし、井上選手は2回戦でフランスのリネール選手に効果をとられ、そのまま時間切れ。

敗戦。ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

その直後鈴木選手はリトアニアの選手と対戦。

鈴木選手がかけた大外刈が決まったかのように見えましたが、相手が切り返し「一本」の判定。

微妙な判定に場内は騒然。ビデオで確認し協議の結果やはり判定は覆らず、鈴木選手の一本負け。ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

井上選手敗者復活戦を勝ち上がるも、メダルは取れず、男子は悔しい結果となりました。

女子の塚田中沢両選手は順当に勝ち上がり決勝進出。(o^0^)o

惜しくも金は逃しましたが、見事銀メダルを獲得。

パチパチ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*パチパチ!

判定ですっきりしない場面もありましたが、審判は絶対の世界。

この結果を後の選手が引きずることなく、がんばってもらいたいものです。

(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月13日 (木)

アジア選手権女子バレー金メダル!

アジア選手権女子バレーボール。

泣いても笑ってもこれが最終戦です。

相手は前回大会で敗北を喫したカザフスタン

1セット目をとられてしまいました。

ガ━━━━━━∑(゚д゚lll)━━━━━━ン

金メダルを目前にしてか、動きが硬く、なんとなく緊張しているよう。

前日のタイ戦でも自滅でセットを落としたので、集中してミスをなくしてほしいもの。

でも、2セット目に入り、自分たちのリズムを取り戻したようです。

木村選手ラッキーガールでサーブを決めると連続ポイントで、2セット目を取り返しました。

ヽ(^_^;)

3セット目に入ると、チームの要である高橋選手が、ぐーんと調子を上げてきて、スパイクがズバズバ決まり始めます。

高橋選手に引っ張られるように、皆も集中したプレイでよく拾い、粘って得点を重ねる日本のバレーがしっかり出来てきました。

もしかして・・・・いけるかも!

いやいや!まだ油断は禁物。

でも・・・・。

ひとりヤキモキしながら、テレビに釘付け。

第4セット目に突入。

一進一退の攻防を繰り返しハラハラドキドキ。( ゚д゚)ハッ!( ゚Д゚) ムホー

ついにその瞬間がやってきました。

マッチポイントです。

一度で決めて有終の美を飾ってほしいもの。

サーブは栗原選手

そして・・・・・。

キタ━━━━ヽ(・∀・  )ノ━━━━!!!!

やったぁ~。O(≧▽≦)O

ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ

24年ぶりの金メダルです。

おめでとう。

選手の皆さんお疲れ様でした。

ゆっくり体を休めて、また私たちを感動させて下さいね。( ゚∀゚)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年9月12日 (水)

アジア選手権

バレーボールのアジア女子選手権はいよいよ佳境を迎えました。

日本はここまで1セットも落とすことなく全勝で勝ち上がってきています。

今夜は日本同様、全勝しているタイとの一戦。

事実上の決勝戦とも言えるでしょう。

いよいよ試合がスタート。

第1・第2セット共に連取し、このままストレート勝利か!

と、思いきやそう簡単には勝たせてもらえません。Σ(゜д゜;) ヌオォ!

開催国となっているタイの大観衆に押されてなのか、勝利を焦ったからなのか、第3セットは自らのミスで落してしまいました。

反対に、タイは大声援に後押しされるように活気づいていきます。

このままではもしかして逆転?( ゚д゚)ハッ!

そんな不安がよぎりましたが、選手たちは気持を切り替え、声を出し合って第4セット目を勝ち取りました。

やったね。わあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ

明日がいよいよ最終戦。対戦相手は長身のカザフスタンです。

勝てば、ナント Σヽ(゚Д゚; )ノ24年ぶりの金メダル

その瞬間をぜひ見てみたいものですね。

く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)